So-net無料ブログ作成
ネパール ブログトップ

ヒマラヤでトレッキング ― 乾いた山々 ― [ネパール]

昨日の母の体温

snow.JPG

Ghora paniの近くで、撮ったものです。熱帯雨林のような植物の上に、雪が降りました。

トレッキングで歩いた道は、かなりの高低差がありました。見上げてもその先が、見えないような長い石段を上り下りした記憶が、よみがえってきました。

 

カロパニ 月とヒマラヤ.JPG

月とヒマラヤ(山の名前はわからない)

ダウラギリと桜.JPG

ダウラギリと桜  多分Taat paniという村で撮ったものです。

パニは水という意味で、タトはあったかい。つまり温泉が出るのです。

谷底の川原に穴が掘ってあって、温かい湯に浸かって旅の疲れをとるために、一休みする村でした。

 

mt.JPG

山肌を見ると下の方には樹木がありますが、上に上るほど木々が生えていません。

 

tukche.JPG

 石の道や石作りの建物が、目立つようになってきました。

 

谷.JPG

折り返し点となった、カグベニという村へ向かう途中 ・・・

確かこの向うには行けない、立ち入り禁止区域だったような気がします。

 

トレッキングも勝手にお山に入って、出来るわけではなかったような気がします。

事前に許可証を申請し、入山料を払ったと思います。

エベレスト登るにも、かなりの金額を登山料として払うのです。

おっと、こんな世間から離れても、お金かいなと思われそうだ・・・

 

 

氷河と御茶屋.JPG

ここは川原にある、お茶屋さんです。

赤いリュックが私の物で、青いリュックの持ち主が撮ってくれたのだと思います。

背景には氷河が見えます。 雄大だ!

よくぞこんなとこまで、行ったもんです。 この先の村が折り返し点でした。

 

青いリュックの持ち主は、先に行ったのだか覚えていない。

この先には、かなり勾配のキツイ坂道があり、それも凍っているという情報だったので、さすがに生きて帰りたかったので、次回にまわしました。

 

アンナプルナ連峰を、ぐるっと回るトレッキングをする方もいるそうです。

 


ヒマラヤでトレッキング ― のどかな山村 ― [ネパール]

ポカラ地図1.JPG

赤い線がトレッキングで歩いたルートです。(多分?)

Kagbeniあたりで回れ右をして、帰って来ました。

では、出発です。

 

マチャ2.JPG

マチャプチャレが、ぐーんと近くなりました。

 

ロバと青年.JPG

ロバの隊商に出会いました。たくさんの荷を背負ったロバ君たち。

山の中では、この道がメインストリートです。生活物資を運ぶのも大変です。足元が悪く、細い道です。谷に落ちたら、オシマイ!

 

<ghora paniの近くにて>

一休み.JPG

荷を運ぶのはロバ、だけではありません。人も重要な運搬手段になります。なにせ、車が通れないのですから。

左手に石が積んであります。 ヨッコイショと背中の荷を、石の上に置いて休めるのです。こんな場所が所々にあります。

 

休憩中子供達は、石っころを投げ、谷に伸びる木に当てっこをして、遊んでいました。

 

運搬.JPG

ネパールでも学校に行けず、働く子供がたくさんいます。

かなり重そうな荷物です。国が違うといろいろ、物の運び方が違いますが、この方法で長いこと物を運んでいると頚椎の、椎間板ヘルニアになっちゃうんじゃないかと、心配になります。

 

 

山村.JPG

のどかな山間の村。

電線が見えないでしょう?

さらに奥へ進むと、だんだん景色が変わってきます。

 


ヒマラヤでトレッキング [ネパール]

各国を旅していて、一番好きな場所のひとつが、市場・バザールでした。

バザール.JPG

見たことの無い野菜、果物や鮮やかな装飾品を見るのも、楽しかったですが、写真の青年のように腰を下ろし、行きかう人々を見ているときの、時間が好きでした。

人が一番面白かった。

 

ネパールのご婦人.JPG

窓にガラスも、戸も無いですね。 自分で撮ったのですが、あらためて良く見ていると、ここで地震が起きないことを、祈るばかりです。

 

初めてのネパール入国の目的は、なんと言っても山歩きです。

ヒマラヤの山々を望みながらの、トレッキングせずに帰国はできませんでした。

 

カトマンドゥ―を後にして、おんぼろバスに乗り、湖のある町ポカラに向かいました。

たまにバスが崖下に落ちることもあるという、エキサイティングな道中を楽しみ、無事ポカラに到着。

 

ポカラと言ったら、このお山です!マチャ.JPG

朝日に照らされたお山の名前は、マチャプチャレと言います。

ポカラから良く見えます。

早朝ボートを手配してフェワ湖の上から、このお山をゆらゆらゆれる、小船の上から眺めるのが、大好きでした。

ゆったり、のんびり、一日が過ぎていきました。

ときにトリップしてました、コリャ (>_<)

 

次回はアンナプルナ、ダウラギリを眺めながらの、トレキングへ出発です。

電気も無い、車も通らない生活を体験できました。

 

この時代、デジカメ[カメラ] なんて無く、私はペンタックスオート110、というカメラと共に旅に出ました。

フィルムもあまり持参していなかったので、旅の途中撮った写真の枚数はとても少ないです。

ピントが合っていないような、ボワーッとした写真が多いですが、お許しを。今も変わらず、写真の腕がヘナチョコデシテ。

 

ネパール探訪<ポカラ> こちらでは、きれいな写真が見られます。

 

母のいる老健にも、新人スタッフさんが入りました。 緊張している様子が、とても新鮮で、イイナという感じです。

毎朝、毎夕ドラマを見ているようで、実際ドラマですが、老健に通うのが楽しいです。

母は飛行高度はゆっくり低下していますが、体調は安定しています。

昨夜は美味しいカレーを、1スプーン頂きました。

うまい、うまいと言ってご飯を食べる母を、いつまでも見ていたい。

 

それにしても、いい天気ですね。 感謝!

 


脳内バケーション [ネパール]

GWも始まった。私も旅に出よう・・・

 

いきなり、ここは・・・     どこだ???ダッカ.JPG

古い写真です。

サイクル・リキシャが走る街!!

 

ダッカ2.JPG

お顔がかなり焼けています。暗くてわからないか?

看板の文字は英語ではありません。でも、英語がかなり、通じる国でした。

1番前で自転車こいでいる人の下半身...?   布っきれ巻いただけです。 

ルンギニと呼ばれています。私も巻いたことあります。

 

無.JPG

あれ、お空の上に来てしまいました。

上のほうの白く、連なっているのはお山です。みんな5000メート-ル以上の山です。

世界の尾根、ヒマラヤ山脈でした。

さっきまで居た場所、どこダッカかな?

バングラディッシュの首都、ダッカでした。  2,3日の滞在で、すぐに目的地へと飛び立ちました。

 

ヒマラヤ.JPG

お山が近くなってきました。

 

 

カトマンドゥー.JPG

着きました。手前にあるバイクはカブ号に似ていますが、日本ではありません。アタリマエにわかりますが。

寺院と広場の市場です。果物らしき物が見えます。

日本の五重の唐に似てませんか?

屋根の大きさが同じなら、かなりそっくりさんです。 ここがルーツかな?

 

ネパールの少女.JPG

笑顔の少女。額には第3の目?

この少女も今は、アラフォーかな?

そんで、写した私はアラ・・・  アラフィフとでも、言うのかな?

 

旅は続きます....


ネパール ブログトップ