So-net無料ブログ作成
検索選択

Kさん、頭の大きさの変化が、やっとわかりました。 [カラダの話]

近所のKさんが治療に来られました。2011年以来ですから久しぶりです。症状は左肩のコリ・左の腰痛・左の眼の奥の痛みなどで、全部身体の左側に症状が出ています。

治療前に身体の変化を解っていただくために、頭の大きさ・呼吸・皮膚たるみなどを測ってもらうのですが、Kさんは以前何度やっても、頭が小さくなったことをわからなかったのです。

頭の大きさの変化がわからない理由には幾つかあり、1)体調が悪く感覚がにぶっているため。2)老化が進んで脳の感覚神経の働きが低下しているため。3)分かろうと思って頭を触っていない、などです。私が思うにKさんは2)です。

左側に症状が出る場合は左の腎臓が下がり、左大腰筋が縮み、左の骨盤が回転するため左側の筋肉全体が引っ張られるためです。Kさんは左の足、足首まで少し浮腫がありました。目で見ても左右の足平の大きさの違いがわかりました。左側全体の水分の流れが悪くなっているためです。

今は症状は無いのですが、逆流性食道炎があるとのことでした。これで左側に症状が出る理由が納得出来ました。横隔膜が下方に下がり(息を吸った状態)固定してしまうと、食道裂孔ヘルニアという状態になります。胃周辺や膵臓が反応すると左の腎臓が影響をうけるのです。

治療を終えた後Kさんに身体が変化したことを確認してもらいました。

頭の大きさは左右の中指の間に私の指2本が入るほど空いていたのですが、その指がくっつくくらいちいさくなりました。そして、驚いたことにKさんも頭が小さくなったことを理解できたのです。そればかりか、浮腫んでいた左足が小さくなり、左右の足が同じになったことに気づいてくれたのでした。

「あ~、なんか身体が軽くなった。特に左が楽になったわ。」と喜んでくれました。術者としては嬉しいものです。でも、もっと嬉しかったのはKさんが頭の変化を理解してくれたことでした。

明日は東京出張治療です。日中は寒くなりそうな予報です。そろそろ風邪が流行ってくる季節です。充分な睡眠をとって脳=自律神経の中枢を休めて、免疫力を高めましょう。

image.jpg


nice!(34)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

どんどん頭が小さくなりました。 [カラダの話]

台風19号が深夜に関東を通過するため、雨風の音で眠れないかと思ったら、「アレ、いつの間に通過したの?」と思いたくなるほど静かな夜でした。通過した後の方が風がゴーゴーと鳴って怖いくらいでした。

12日の日曜日はセミナーだったのですが、九州の南にあった台風がのろのろだったため、幸運にも参加出来ました。先月、今月とセミナーの実技はいかにしたら、頭を小さく出来るかという課題を中心に練習しました。

頭の変化が分かりやすい患者さんで、どう変化するか試してみました。

1S0640124.JPG

1の写真はは治療前の頭の大きさです。中指の爪の位置を注意して見てください。

私の学んでいるCSFプラクティス=脳脊髄液調整法では、下の写真のソフトブロックというものを使います。

S0650125.JPG

①は循環ブロックと呼びます。1分間この状態を維持します。体に触れないほうが効果は高いです。

先ずは身体全体の体液(血液・リンパ液・組織液)の循環を良くして、それらの水分が静脈やリンパ管に吸収されやすくします。

S0660126.JPG

②はプライマリーブロックと呼びます。同じく1分間この状態です。

このブロックをかけると、脳の中心部の脈絡叢という所で、脳脊髄液が積極的に生産され、その後、脳脊髄液は脊髄に下って流れ、背骨から出る神経の中を通り、内臓や筋肉など全身に流れていきます。

①の循環ブロックと③のプライマリーブロックを、1分づつ交互に3回、計6分かけてみました。この間一切身体を揉んだり押したりしていません。ノータッチです。

結果、4の写真のように頭が小さくなりました。

4S0670127.JPG

4の写真では中指の爪の根元が縦に並んでいます。

1S0640124.JPG

1の治療前は中指の爪の先と根本が並んでいます。爪一つ分ほど頭が小さくなりました。

頭が小さくなったからどうだって言うんだ! そう思われる方もいらっしゃるかと思いますが、頭がおおきいということは、頭の血の流れが悪く、脳がしっかり働かないということです。

以前の記事でも書きましたが、脳の働きを大きく分けると1精神(学習・感情などなど)、2運動、3感覚、4生命維持の、4つの働きがあります。頭が大きいときはこの4つの働きが低下している状態です。

1,2,3は大脳の働きですが、4の生命維持(生きる)は、脳幹、間脳下垂体など自律神経中枢の働きです。そして1,2,3の大脳は、4の自律神経中枢が生かしているのです。

頭が大きいときと小さいの身体の違いはいくつかあり、デモンストレーションをして患者さんにその違いを実感していただくのですが、1番わかりやすのは、筋力の強さの違いです。

筋肉が動くためには脳から信号(インパルス)が伝わらなければなりません。頭が大きくて脳の血流が悪状態では充分な信号が、筋肉に伝わらないので筋力が弱くなります。

頭が小さくなると弱かった筋力が強くなります。「力の入れ方を加減してるんじゃないですか?」と言われる患者さんもいます。そうではなく、脳が活性化したので本来ある筋力がでたのです。

本来の力が出ない筋肉は、早く疲労します。そして疲労からの回復は遅くなります。そのような筋肉の状態で運動を続ければ、筋肉は早く弱ってしまうのです。そして身体全体も疲労をします。疲労が蓄積されると何が起きると思いますか? 

老化が早く進みます。 スポーツ選手は短命と言われるのはそのためでしょう。

話を頭の大きさに戻します。4の写真まで小さくなった頭がまた大きくなったのです。「アレ、なんででっかくなったの?」と、患者さんが不思議がっていました。次回はそのへんの解説を致します。

12日のセミナーの実習では、幸運にも会長の宮野先生に姿勢の取り方を、手とり足取り教えていただきました。教えて頂いている最中から、太もも、お尻、腰の筋肉が悲鳴をあげ始めました。いかに普段の治療で楽な方へ、楽な方へと自分が逃げているか実感させられました。

宮野会長は来年古希を迎えるそうです。この道50年。毎日手を抜かずに治療をしてきたこそ、あの苦しい姿勢を、簡単に作れるのでしょう。つくづく素晴らしき師に出会えたなと思いました。

明日から手を抜かずに頑張ろう!(本当は手を抜いている気はないのです。)

image.jpg


nice!(30)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

最後のそば畑になるかも? [雑記]

今月最初の記事になりますね。今日は暑かったですね。でも空は秋の空です。

S0610119.JPG

シルエットは何かわかりますか?

S0510109.JPG

蕎麦の花でした。今が盛りで咲いています。でも、ちょっと嫌な臭がするんです。堆肥のような匂いです。家の隣の畑に兄が転作で作り続けてきました。しかし、来年から転作奨励金が廃止されてしまうそうです。微々たる奨励金ですが、その額を他の野菜で得るのは、ほとんど不可能です。

JA農協が買い上げる米の値段も今年はとても安くなりました。米の在庫がダブついているとか、TPPを睨んで少しづつ米価を下げる方針とか聞きますが、あまり米が安くなると、作る人が居なくなってしまうのではと心配です。

それでなくても、農家の後継ぎがいないとか、いても農業をやらないという家が、アチラコチラにあるのが現状です。今後の日本の農業はどうなっていくのでしょうね?

S0540112.JPG

世界的に人口が増え食料不足になるとか、干ばつなどの自然災害で作物がダメージを受けるとか、いろいろ食料調達の不安要素は次第に増えて行くでしょうし、せめて主食のお米は日本国内でまかなえるようにしないと、もしもの時、まずいんじゃないかと思ったりします。

お月さんもそう思いませんか?

S0630121.JPG

台風が近づいていますね。被害が出ないことを願うばかりです。洪水だ、がけ崩れだ、噴火だと災害の多い年ですね。

image.jpg


nice!(37)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康